So-net無料ブログ作成
検索選択
エッセイ@アンソロジー ブログトップ

地球のやさしさ・こわさ [エッセイ@アンソロジー]




人間キラキラの会編のたくさんの著者によるエッセイアンソロジーです。ステキな言葉が集まっています。高橋は「地球温暖化とわたしたちの暮らし」という文を書かせていただきました。
nice!(0) 

子どもにおくる 私の心にのこる話 [エッセイ@アンソロジー]


子どもにおくる私の心にのこる話

子どもにおくる私の心にのこる話



学研の「ほんとうにあった感動物語第5巻」で書かせていただいた、東京大空襲の被災者鎌田十六さんのことを「五百人のお母さん」という題名で紹介させていただきました。
nice!(0) 

子どもにおくる私のどきどきした話 [エッセイ@アンソロジー]


子どもにおくる 私のどきどきした話 らくだ出版

 高橋が書かせていただいたのは、「知らない町でまいごに」という短い文章です。この本を読むと、だれもがハラハラドキドキする経験を積み重ねながら、大人になってきたのだとわかります。
nice!(0) 

子どもにおくる私の遊びの話 [エッセイ@アンソロジー]


子どもにおくる私の遊びの話

子どもにおくる私の遊びの話



 高橋が書いたのは、「リカちゃん人形あそび」です。
nice!(0) 

子どもにおくる私の先生の話 [エッセイ@アンソロジー]

やさしい先生に教えられたこと」は、茶道でお世話になった先生の思い出です。
子どもにおくる私の先生の話


nice!(0) 

子どもにおくる私のお手伝いの話 [エッセイ@アンソロジー]

妹が生まれたとき、初めて家のお手伝いをがんばった思い出を書きました。
子どもにおくる私のお手伝いの話

子どもにおくる私のお手伝いの話




nice!(0) 

子どもにおくる私の友だちの話 [エッセイ@アンソロジー]

「ごめんね」というちょっとほろ苦い思い出を書きました。
子どもにおくる私の友だちの話

子どもにおくる私の友だちの話




nice!(0) 

子どもにおくるいっさつの本 [エッセイ@アンソロジー]

子どものころ大好きだった「大どろぼうホッツェンプロッツ」を紹介しました。
子どもにおくるいっさつの本

子どもにおくるいっさつの本




nice!(0) 

子どもにおくることば [エッセイ@アンソロジー]

「できると思えば きっとやれる。無理だと決めれば できたことさえ しないで終わる」
という、言葉を書かせていただきました。
子どもにおくることば

子どもにおくることば




nice!(0) 
エッセイ@アンソロジー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。