So-net無料ブログ作成
検索選択
短編ノンフィクション@アンソロジー ブログトップ
前の10件 | -

頭のいい子を育てるおはなし どうぶつだいすき! [短編ノンフィクション@アンソロジー]



南極で生きぬいたタロとジロ」「ごめんねトンキー」「ホッキョクグマ赤ちゃんを育てる!」「すてられた犬や猫を助けたい」という4つのノンフィクションを書かせていただきました。
絵本のように大きな絵が入っているで、見ているだけで、o(^-^)oする本です。
nice!(0) 

みんなに贈りたい伝記 [短編ノンフィクション@アンソロジー]


みんなに贈りたい伝記

みんなに贈りたい伝記




たくさんの伝記の中で、アンネ・フランク、マハトマ・ガンジー、市川房枝、オードリー・ヘップバーンを担当させていただきました。
これ一冊あれば、有名な偉人の伝記はすべておさえられるのではないかと思います。
絵もとてもよくて、プレゼントに最適な一冊です。

nice!(0) 

10分で読めるほんとうにあった感動物語4年生 [短編ノンフィクション@アンソロジー]




二月に絵本でも書かせていただいた、東京大空襲を題材にした「五百人のお母さん」を、こちらでは四年生向きの10分で読めるお話としてまとめております。ほかにもいいお話が沢山入っていますが、どれも短いので読みやすいです。

nice!(0) 

語りつぎお話絵本 3月11日 [短編ノンフィクション@アンソロジー]





6助け合う人たち (語りつぎお話絵本 3月11日)

6助け合う人たち (語りつぎお話絵本 3月11日)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学研教育出版
  • 発売日: 2013/02/05
  • メディア: ムック



東日本大震災を子どもたちに語りつぐ、ノンフィクション絵本のシリーズです。
1冊に二作収録されています。

高橋が書いたのは、以下の二作です。

「日本一の卒業式」(4巻) 大津波におそわれた石巻の湊小学校を取材させていただき、避難所となったときのようすを書かせていただきました。石巻市の市議会議員の方や、当時の教頭先生から、当時のことを丁寧にご教示いただきました。逆境の中、避難所のみんなで作り上げた卒業式は、すばらしいものでした。担任の先生が卒業生たちに贈った言葉は、とても感動的です。

アウトドア義援隊出動!」(6巻) アウトドアグッズのメーカー、モンベルが中心となって結成した「アウトドア義援隊」は、震災後すぐに、災害時に役立つアウトドアグッズを持って被災地にかけつけました。その後、今でも、東松島に通って、ボランティア活動を続けています。その行動力には、ただただ頭が下がります。
nice!(0) 

ふしぎ? おどろき? 科学のお話 4,5、6年生 ポプラポケット文庫 [短編ノンフィクション@アンソロジー]





(806-5)ふしぎ?おどろき! 科学のお話 5年生 (ポプラポケット文庫 アンソロジー)

(806-5)ふしぎ?おどろき! 科学のお話 5年生 (ポプラポケット文庫 アンソロジー)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2012/04/16
  • メディア: 単行本



(806-6)ふしぎ?おどろき! 科学のお話 6年生 (ポプラポケット文庫 アンソロジー)

(806-6)ふしぎ?おどろき! 科学のお話 6年生 (ポプラポケット文庫 アンソロジー)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2012/04/16
  • メディア: 単行本


 
4年生向きに「いろいろな花をつくる花火のひみつ」 花火ってどうしてあんなにきれいに描かれるのか。
5年生向きに「まほうのようにうかびあがる『しんきろう』」 蜃気楼はどうして見えるのか。
6年生向きに「五千年前の人類発見!」 アイスマンの最新の研究成果。
を、執筆させていただきました。

いやあ、科学って大人になって調べ直すと、めっちゃおもしろいです!
じつは自分は理系だったのでは? と思っています(ちがうって)
学生のころ、もっと勉強しておけばよかった……。
ノンフィクションを書いていると、そう思うことばかりの今日この頃です。
今度小学2年生に進級したばかりの甥に、1年生~6年生の全巻をプレゼントする約束をしています。
nice!(0) 

感動する仕事! 泣ける仕事! 第2期 [短編ノンフィクション@アンソロジー]



「国際援助団体現地スタッフ」 カンボジア地雷撤去キャンペーンの現地駐在員を経験した田中甲斐さんに取材しました。この団体のすばらしい活動については『左手がなくてもぼくは負けない!』(学研)でも書かせていただいていますが、その後の農業支援のようすを伝えることができてよかったです。現地駐在員のタフなお仕事ぶりは、すごいです。


⑧大切にしたい! 自然のチカラ (感動する仕事! 泣ける仕事! 第2期)

⑧大切にしたい! 自然のチカラ (感動する仕事! 泣ける仕事! 第2期)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学研教育出版
  • 発売日: 2012/02/01
  • メディア: 大型本

「南極地域観測隊員」南極越冬隊員として2度も現地にいらした岩野祥子さんを取材しました。とてもかわいらしい方なのに、頭脳明晰、運動神経バツグン、すごい方でした!
nice!(0) 

わたしたちの戦争体験9 引揚 [短編ノンフィクション@アンソロジー]




わたしたちの戦争体験9 引き揚げの体験4話が入った本のうち「樺太からの引き揚げ」を担当しました。樺太の歴史については、ほとんど知らなかったので、大変勉強になりました。
nice!(0) 

感動する仕事! 泣ける仕事! 8巻 [短編ノンフィクション@アンソロジー]



感動的に仕事をこなすスペシャリストを紹介するこのシリーズの8巻。高橋は富山県警山岳警備隊を取材しました。昨年夏に富山県の立山まで行きましたが、空気が薄かったです。夏山、冬山共に、山岳救助の仕事は、まさに命がけです。

nice!(0) 

感動する仕事! 泣ける仕事!4巻 [短編ノンフィクション@アンソロジー]



 感動的に仕事をこなすスペシャリストたちを取材したこのシリーズ。1冊に4人紹介されています。高橋は、読売新聞社の女性カメラマンを取材しました。すごい体力、すごい集中力、とてもステキな方でした。羽田の新聞社専用の飛行場でも取材しました。
nice!(0) 

がんばっている人の感動物語 [短編ノンフィクション@アンソロジー]



コロッケおじさんの愛情プレゼント」という作品を書かせていただいています。ほかに7編収録されています。

 岐阜県のコロッケ屋さんで、毎日おいしいコロッケを揚げる名物おじさん。テストで80点以上とった高校生にはコロッケをただでおまけしています。でも、服装などが乱れている子には、きびしく注意もします。ガンの手術を繰り返しながらも、若者たちを激励し続けるおじさん。
 愛情いっぱいのコロッケは、一度食べたら忘れられない味です。取材から帰るとき、箱にいっぱいコロッケのおみやげを持たせてくださって、子どもたちとおいしくいただきました(こらこら)。どうかお病気、くれぐれもお大事に! 

nice!(0) 
前の10件 | - 短編ノンフィクション@アンソロジー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。