So-net無料ブログ作成
検索選択

ネット・ホラー スマホの中には悪魔がいる [短編@アンソロジー]



 もし子どもが、ネットトラブルに巻き込まれたら、お化けや幽霊の怪談より、もっと恐ろしいことが起こります……。短編6編のうちの1つ「メールで釣り上げられた少女」を書かせていただきました。フィッシング詐欺が題材です。私もこの怪談を書くに当たり、いろいろ調べて、自分のネットバンキングのセキュリティを考え直しました(汗)

nice!(0) 

犬たちからのプレゼント 天国のペットを思い出す日 [単行本]



 犬たちからのプレゼントシリーズの3冊目です。受験勉強で悩む愛梨を、天国のチャッピーが励まします。聴導犬や、セラピードッグのお話も出てきます。菜々子とマイク、ハルトとレイナの恋の行方もお楽しみに!
nice!(0) 

猫たちからのプレゼント 捨てネコたちを助けたい! [単行本]



「猫たちからのプレゼント」の第2弾です!
七海たちの住む町に、またまた捨て猫やノラ猫が……。今、社会問題化している「地域猫」にどう対処したらよいのか、多くの子どもたちに読んでほしい一冊です。
登場する子たちの、恋や友情も、しっかりまじえておおくりします[ぴかぴか(新しい)]

nice!(0) 

3.11復興の取り組みから学ぶ 未来を生き抜くチカラ [知識・教養の本]


3.11復興の取り組みから学ぶ 未来を生き抜くチカラ 全3巻

3.11復興の取り組みから学ぶ 未来を生き抜くチカラ 全3巻




東日本大震災の復興に取り組む、さまざまな方々にインタビューさせていただきました。
千葉工業大学の災害対応ロボット開発、東松島市の新しい町作り、3/11 キッズ フォト ジャーナル、日本製紙石巻工場の復活、富士フイルム写真救済プロジェクト……。
お会いしたどの方々も、素晴らしい方々で、勉強になりました。

nice!(1) 

犬たちからのプレゼント 動物ぎゃくたい大反対!





犬たちからのプレゼント、第二弾は、「動物ぎゃくたい大反対!」です。

犬たちからのプレゼント、猫たちからのプレゼントは、「プレゼントシリーズ」として、短編集ながら、内容や登場人物が、ほんの少しずつつながっています。
できれば、出版された順にお読みいただくと、とてもわかりやすいと思います。
今回は、菜々子とハルト、そしてレイナの三角関係にも、スポットを当てました[あせあせ(飛び散る汗)]

nice!(0) 

宇宙への夢、力いっぱい! [共著]


宇宙への夢、力いっぱい! (PHP心のノンフィクション)

宇宙への夢、力いっぱい! (PHP心のノンフィクション)




日本人初の国際宇宙ステーションコマンダーを務められた若田光一さんの本を、子ども向けにまとめるお手伝いをさせていただきました。
宇宙について一から勉強したのですが、とてもおもしろかったです!
とてもわかりやすく書いたので、小学校中学年から読めると思います。
たくさんの子どもたちが読んでくれますように!

タグ:宇宙
nice!(0) 

猫たちからのプレゼント [単行本]





猫はお好きですか?
猫は色々なことを、人に教えてくれます。
この6つのお話の中にも、「必殺ネコ技のんびり戦法」などが出てきます。
癒やされたい方、必読です[ぴかぴか(新しい)]
nice!(0) 
共通テーマ:ペット

犬たちからのプレゼント [単行本]





みらい文庫から6月5日に新刊が出ます。今度はフィクションです。
命の大切さ、動物保護をテーマに、犬にまつわる6つの物語を書きました。
かわいい表紙ですが、お話自体は、けっこうまじめな子どもたちの成長物語です。6つのお話それぞれ視点が代わりながらもつながっている短編連作です。

題材に関しては、いつもお世話になっている動物保護団体アニマルレフュージ関西のスタッフの方々にヒントをいただき、原稿にも専門家ならではのアドバイスをいただきました。
http://www.arkbark.net
アニマルレフュージ関西の動物たちの写真を撮ることをライフワークになさっている写真家、原田京子さんの写真を本文内にイメージとして入れさせていただきました。これがとってもいい写真なんです。

どうぞ本屋さんに並んだら、お手に取ってみてください。

nice!(0) 

10分で読めるほんとうにあった感動物語4年生 [短編ノンフィクション@アンソロジー]




二月に絵本でも書かせていただいた、東京大空襲を題材にした「五百人のお母さん」を、こちらでは四年生向きの10分で読めるお話としてまとめております。ほかにもいいお話が沢山入っていますが、どれも短いので読みやすいです。

nice!(0) 

おかえり!アンジー [単行本@ノンフィクション]





初めて児童書の文庫に書き下ろしをさせていただきました。
昨年冬、私の書いた本を読んだ編集者の方からお手紙をいただいたのが、きっかけです。

この本は、福島県の浪江町でアンジーという犬を飼っていたご家族と、原発20キロ圏内に取り残された動物を救出しに向かった動物保護団体、アニマルレフュージ関西の方たちの物語です。
重いテーマであるだけに、取材、確認は、慎重に行いました。取材相手の方々には、原稿チェックなど、何度もお手数をおかけしました。

東日本大震災という途方もない災害の中で、これはあくまで一つの物語に過ぎませんが、読者の子どもたちに、すでに風化しつつある震災を語り継ぐ材料になってくれればうれしいと思っています。
IMG_3997.JPG
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。